作成者別アーカイブ: shodoshima15

小豆島いちご 生育状況 2018/11/07

小豆島いちご 生育状況 2018/11/07

小豆島いちご 花盛り

いちご 花盛り

現在、花盛りを迎えております。

天気にも恵まれてミツバチも気持ちよさそうに飛び回っています。

作業としては、これから摘花(摘果)が中心となってきます。

いちご 摘果前

これが摘花前の花。

開花前の蕾がたくさん控えていますが、実が多くなればなるほど、イチゴに負担が大きくなり、

今後の生育に影響でたり、味もサイズも落ちてしまいます。

いちご 摘花後

摘花後の花です。7個に調整しました。

イチゴの状態に合わせて実の数を決めています。

残った7個のイチゴに十分には栄養が十分に行き渡り味、サイズともに良くなります。

ミツバチの訪花

ミツバチの訪花

ミツバチが畑にやってきて3日目。

ようやく環境に馴染んでくれたようです。

イチゴの花から花へと飛び回っております。

イチゴの花には蜜は無くて、花粉を餌にするために花を飛び回っています。

その過程のついでにイチゴの受粉作業が進みます。

受粉完了。花弁落ちる。

受粉が正常に行われると花弁は次第に落下していき、少しずつ花托が肥大していきます。

すでにイチゴっぽくなってきたのもチラホラしてきました。

イチゴの赤ちゃんです。

 

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島

開花始まる。

イチゴ開花

イチゴの開花が始まっています。

初開花を確認したのが10月22日でした。

日に日に白い花が目立ってきております。

それにともないミツバチもイチゴ畑にやってきました。

ミツバチ

綺麗なイチゴが育つためには欠かせない相棒達です。

これから6月中旬までお世話になります。

よろしくお願いします。

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島

天敵を活用した減農薬への取り組み

天敵放飼

イチゴを栽培する上で大きな悩みとなるのが害虫のハダニです。

小豆島いちご部会では生産者全員がハダニの天敵(チリカブリダニ、ミヤコカブリダニ)をハウス内に放飼して減農薬に努めております。

消費者の皆様にとっての安心、安全はもちろんのこと、生産者自身、環境にも優しく、持続可能な農業生産を支える技術として注目されております。

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島

出蕾始まりました。

定植から20日ほど経過しました。

天気にも恵まれて、日々の成長を見守るのが楽しみとなっております。

育苗時の葉から定植後の大きな葉にだいぶ入れ替わってきました。

出蕾確認 10/13

株元を観察していると、蕾が上がっている株が目立ってきました。

あと10日ほどしたらパラパラと咲き始めるでしょうか?

楽しみですね。

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島