作成者別アーカイブ: shodoshima15

ビニールの張り替え。

今年もビニールの張り替えシーズンに突入しました。

若手いちご生産者グループ「苺一会」の皆で助け合って、イチゴ、菊、柑橘、アスパラ等、

依頼のあった島中のビニールハウスを順番に張り替えていきます。

これから1ヶ月ほど続きます。

頑張ります!!

小豆島いちごの定植!

イチゴの定植が完了しました。

長かったような、短かったような。育苗期間が終わり、ついに本圃へ定植。

定植を終えた畑を眺めると、感慨深いものがあります。

イチゴの出荷は11月下旬くらいから本格化してくる予定です。

今シーズンも、これまで以上に皆さんに美味しいイチゴをお届けできるように

私達も栽培管理に努めていきたいと思います。

またブログでも栽培の様子を通して、少しでも生産者を身近に感じていただけたらと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

花芽の検鏡

今日は花芽の検鏡の様子を見にお邪魔してきました。

各生産者から提出された苗を1本1本電子顕微鏡で花芽分化を確認しています。

花芽が確認された生産者から順次定植に入っていきます。

夜冷作型は順調に分化が進んでおり、定植が始まります。

普通作型はまだ未分化のようです。後日再チェックを受けます。

気候的には条件は揃っているので、これから自然と分化が進んでくるものと思われます。

さて、これから定植という時期ではありますが、台風が接近してきています。

今後の台風情報には十分に注意しましょう。

大きな被害がないことを願うばかりです。

小豆島いちご 生育状況 9/7

定植に向けて、良質な苗の選抜をしています。

できるだけ良質な苗を選び抜き、生育の悪い苗や病気の苗を除いていきます。

株元(クラウン)もガッチリしていますね。

とても暑い夏でしたが、よくここまで無事に成長してくれました。

昨年に比べると気温が順調に低下し、花芽分化が進みやすくなっています。

これから花芽の検鏡といって、花芽分化の確認をJA、普及所で進めていきます。

花芽が確認でき次第、定植を行います。

また後日、検鏡の様子を紹介いたします。

栽培講習会が開催されました。

栽培講習会が開催されました。

育苗、花芽分化期~定植に向けての栽培管理について講習を受けました。

育苗も終盤となりました。

また、暖房機メーカーのネポンさんから、暖房機のメンテナンスについて講習を受けました。

プロならではの色々なテクニックを教えていただき、とても勉強になりました。

ありがとうございました。

その後、生産者の圃場を巡回して、現在の育苗状況を確認いたしました。