カテゴリー別アーカイブ: ブログ

平成30年産 小豆島いちご販売反省会

平成30年産 小豆島いちご販売反省会が開催されました。

小豆管内販売実績、県内販売実績、市場情勢についてJA、市場から説明がありました。

全体的に青果物の販売が苦しい状況の中、いちごの独り勝ちの年だったと説明がありました。小豆島のいちご販売単価も数年前から比べ右肩上がりの状況が続いております。JA、市場からもまだ上を目指していきましょう!と力強い目標を示して頂きました。とは言え、いつどのようになるのか分からない怖さもあります。そのような中ではありますが、現状に満足することなく、様々なことに取り組んで行き、産地の地位向上に努めていきたいと思います。

個人成績の発表もありました。

(敬称略)

最優秀賞:森井浩太郎

優秀賞:佐伯博之、藤原正善、石井圭一

努力賞:矢麦貞雄、森口久士

おめでとうございます。

その後、最優秀賞受賞者の森井さんの乾杯の挨拶で懇親会が行われました。

みんなで個人の成績(データ)を持ち寄り、次年度に向けて活発に情報交換が行われていました。

いちご生産者として、仲間ではありますが、みんなライバルでもあります。

切磋琢磨しながら、栽培技術の向上に努めてまいります。

 

挿し苗後の萎れ防止

挿し苗後は、活着するまで目が離せない日が続きます。

葉が渇いたらミスト(水)を散布して萎れ防止をします。

晴れた日は30~40分間隔。

根が伸びるにつれて、萎れなくなってくるので、それに合わせて

ミストの回数を減らして、環境に慣らしていきます。

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島

 

挿し苗 1回目

今日は1回目の挿し苗です。

まずは10000本です。

時々晴れるくらいで、挿し苗にとっては丁度良い天気でした。

しっかり活着(根を下ろす)するまでは目の離せない日が続きます。

同時に明日から2回目の挿し苗に向けて再び苗を貯めていきます。

2回目の挿し苗は1週間後の予定です。

土入れ

挿し苗に向けてすくすくトレーに土入れをしました。

土の入れ具合によって、土の硬さ、水捌けが変わります。

後々の灌水にも影響してくるので慎重にすすめます。

架台に並べていきます。

トレーの底からバタバタと排水するまでしっかり灌水します。

トレーの横に直射日光が当たると地温が上がり過ぎるのでタイベックで被覆して上昇を防ぎます。

準備完了です。

明日は挿し苗1回目です。

 

ナイアガラ育苗 切り離し

ナイアガラ育苗の切り離しが始まりました。

切り離したランナーの葉の枚数調整、苗の大きさによって選別、病害虫の被害確認等をしていきます。

こちらが、調整された苗。

挿し苗予定日まで、冷蔵庫で保管します。

当園では2万本の苗が必要ですので、確保できるまで毎日続きます。

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島