カテゴリー別アーカイブ: 栽培日記

ナイアガラ育苗 中盤

だいぶランナーが伸びてきましたね。前回の投稿から8日でこれだけ伸びます。

夏の成長の速さにはビックリです。

細いランナーは抜いて、十分な太さのランナーを選抜して育てていきます。

まだ小さいけど、この部分が次年度の苗に育っていきます。

7月の上旬まで病害虫に注意しながら管理が続きます。

次シーズンの育苗が始まります。

いちごの出荷も残りわずかとなりました。

いちごにとっても人間にとっても過酷な暑い日が続いております。

出荷量も減少してきましたが、最後まで少しでも良い状態でいちごをお届けできるよう栽培管理に努めております。

同時に次シーズンに向けての育苗も本格化してきております。

写真の場所は5月中旬から花の制限を初めて今はほぼイチゴの無い状態となっております。

ここから充実したランナー(苗になる)を発生させていきます。

その様子がナイアガラの滝のように見えることからナイアガラ育苗って呼ばれます。

また成長の様子をこちらで掲載していきますので見守っていただけると嬉しいです。

栽培講習会&合同圃場巡回 5/8

栽培講習会&合同圃場巡回が開催されました。

シーズン終盤を迎え、最後までしっかりと栽培管理を目指すために圃場を巡回し、栽培の概要の説明を受けました。

綺麗に管理されている圃場を見て、皆さん大変刺激を受けたことと思います。

明日からの栽培管理を頑張りましょう!!

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島

GWは頑張りウィーク

ビニールハウスの中はもう夏真っ盛り。

GWも明日で終わりですね。

小豆島は瀬戸内国際芸術祭が開催中とあり、たくさんの観光客が訪れていました。

普段では考えられない渋滞だったり、満員のバスだったりで、人の多さで1cmくらい島が沈んでるのでは?っていうのは島民のありがちな笑い話です。

さて、私達いちご農家にとってGWは頑張りウィークと冗談を言いながら、毎日作業をしておりました。

いちごの出荷シーズンも残り1ヶ月半となり、最後までしっかりとした品質のイチゴをお届けするために今はとっても重要な時期と考えております。

また次シーズンに向けての苗の準備もあり、バタバタと毎日が過ぎていきます。

今になると11月~6月下旬までという長い長いいちごのシーズンもあっという間だったなー感じます。

残りも最後まで悔いのないようしっかりイチゴに向き合っていきます!!

 

小豆島のいちご 新フィルム

小豆島のいちご 新フィルム

令和元年。新しい時代が始まりましたね。

そんな新しい時代の始まりと一緒に、小豆島いちごの新しいフィルムでの出荷が本格化します。

以前に比べてスッキリシンプルなデザインとなり、女峰の鮮やかな赤がより映えるデザインとなりました。

昭和、平成、そして令和と。皆様に愛されるいちごであれるよう、今後も試行錯誤をしながら挑戦、成長し、次の時代へと引き継いでいけるように努めてまいります。

今後ともよろしくお願い致します。

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島