カテゴリー別アーカイブ: 栽培日記

いちごの電照処理

いちご 電照

季節の移ろいとともに日長時間もだんだんと短くなってきました。

いちごハウスでは電照処理が始まりました。

日長時間が短くなると、休眠という状態に向かい、成長が止まり、花を咲かせなくなってしまいます。

それを防ぐために、電照を付けて日長時間を伸ばしてやると、イチゴが季節を勘違いして元気に成長を続けてくれるというわけです。

小豆島では電照ギクが有名ですが、電照いちごもこの時期の島の風景のひとつです。

闇夜に浮かぶ電照に照らされたビニールハウスもなかなか綺麗ですよ。

 

小豆島いちご 生育状況2018/11/17 赤い色がチラホラ!

小豆島いちご 11/17

小豆島いちご 11/17

11月も折り返しましたね。

相変わらず暖かい日が続いていますね。こんなに暖かい11月これまでにあったかな?っていうくらい暖かいです。今年は原油が高騰しているので助かってはいるのですが。

さて、イチゴ畑では摘花作業もほぼ終わり、後は収穫を待つばかりといった感じになってきました。よーく見ると赤い色もチラホラ。

小豆島いちご 11/17

あと2~3日で収穫でしょうかね?

ただ、まだ量がまとまってこないので出荷できるようになるには7日~10日くらいかかるなと予想しています。

もうすぐです。お楽しみに。

小豆島いちご 生育状況 2018/11/07

小豆島いちご 生育状況 2018/11/07

小豆島いちご 花盛り

いちご 花盛り

現在、花盛りを迎えております。

天気にも恵まれてミツバチも気持ちよさそうに飛び回っています。

作業としては、これから摘花(摘果)が中心となってきます。

いちご 摘果前

これが摘花前の花。

開花前の蕾がたくさん控えていますが、実が多くなればなるほど、イチゴに負担が大きくなり、

今後の生育に影響でたり、味もサイズも落ちてしまいます。

いちご 摘花後

摘花後の花です。7個に調整しました。

イチゴの状態に合わせて実の数を決めています。

残った7個のイチゴに十分には栄養が十分に行き渡り味、サイズともに良くなります。

ミツバチの訪花

ミツバチの訪花

ミツバチが畑にやってきて3日目。

ようやく環境に馴染んでくれたようです。

イチゴの花から花へと飛び回っております。

イチゴの花には蜜は無くて、花粉を餌にするために花を飛び回っています。

その過程のついでにイチゴの受粉作業が進みます。

受粉完了。花弁落ちる。

受粉が正常に行われると花弁は次第に落下していき、少しずつ花托が肥大していきます。

すでにイチゴっぽくなってきたのもチラホラしてきました。

イチゴの赤ちゃんです。

 

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島

開花始まる。

イチゴ開花

イチゴの開花が始まっています。

初開花を確認したのが10月22日でした。

日に日に白い花が目立ってきております。

それにともないミツバチもイチゴ畑にやってきました。

ミツバチ

綺麗なイチゴが育つためには欠かせない相棒達です。

これから6月中旬までお世話になります。

よろしくお願いします。

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島