カテゴリー別アーカイブ: 栽培日記

小豆島いちご 生育状況2018/12/24

小豆島いちご 2018/12/24

クリスマスに向けて出荷を行ってきたこともあり、現在、畑の中からイチゴの姿が無くなっています。

小豆島いちご12/24

現在、2番花の収穫に向けて管理作業を進めております。

1番花に比べて出蕾のタイミングにややバラつきが出ております。

早いもので摘花が完了しておりますが、開花始めのものもあります。今後は一度に出荷がまとまるというよりは、なだらかな出荷が続くと思われます。

2番花 ミツバチ

ミツバチが受粉作業のため飛び回っております。

ビーフライ

先日導入したビーフライも無事に羽化し、畑を飛び回っております。

ミツバチとのツーショットも見られました。

綺麗なイチゴになりますように。

ビーフライを導入

ビーフライ

ビーフライという農業用受粉ハエを導入しました。

写真はサナギの状態です。これをビニールハウス内で羽化させて受粉作業をします。

小豆島で栽培されているいちご「女峰」は花粉が弱く、これから気温がますます低くなってくるとミツバチの活動も鈍くなってくることもあり、「奇形果」が発生しやすくなります。

受粉しやすい環境を作ることはもちろんですが、ミツバチとビーフライを併用することで奇形果の発生を抑えようと考えております。

ハエの特徴としては、寿命は1週間と短いのですが、曇天や、雨天、ミツバチにくらべて活動できる温度帯も幅広いとのことです。刺されることもありませんね。

ミツバチと併用して厳寒期を上手に乗り切っていけたらと思います。

クリスマスに向けて

クリスマス いちご

クリスマスに向けてのイチゴの出荷も山場を迎えております。

小豆島で栽培されているいちご「女峰」は果形、色の濃さ、味の面から、ケーキ用のいちごとして大変人気のある品種です。今年もたくさんの注文に応えるべく、生産一同頑張っております!

クリスマス ケーキ用いちご

厳選された果形のいちごを一粒一粒計量して選別していきます。

出荷されたイチゴは全国のケーキ屋さんに送られてバトンタッチとなります。

全国のいちご農家の皆さん、そしてケーキ屋さんの皆さん。

頑張りましょう!!

そして、素敵なクリスマスを!!

栽培講習会&目慣らし会

栽培講習会

今日は、午後から栽培講習会&目慣らし会が開催されました。

これから迎える厳寒期に向けての栽培管理の注意点を確認いたしました。

また、クリスマスに向けての果形、着色程度について実際に出荷されてきた

いちごを見ながら確認いたしました。

目慣らし会

タートルマラソンに出場しました。

タートルマラソンのいちごちゃん

今年も若手いちご生産者2名がタートルマラソンに出場しました。

いちごのサングラスも着用しました。気持ち悪くなったという意見もありますが、ランナーの皆さんや、沿道の方からは今年も暖かい声援を頂いて、楽しく走ることができました。ありがとうございました。

無事に二人とも完走しました。これからイチゴの出荷も本格化し、6月下旬まで続くマラソンのようなイチゴシーズンに突入しますが、こちらも無事に完走できるように頑張っていこうと思います。