月別アーカイブ: 2019年6月

育苗に向けて

育苗棟の準備をしました。

遮光をし、床や棚の消毒。いつでも受け入れ可能な状態になりました。

7月に入ったらナイアガラ育苗のランナーの切り離しが始まります。

週間予報を見ても、ずっと曇りや雨が続くようです。

軟弱な生育から病気の発生が心配されます。

まめに防除のローテーションを組んで対応していきます。

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島

出荷終了 片付けへ

小豆島のいちご 新フィルム本日を持ちまして小豆島いちごの出荷を終了いたしました。

お取引先の皆様、消費者の皆様。本当にありがとうございました。

至らなかった点もあろうかとは思いますが、1年1年成長していけるよう生産者一同努めてまいりますので、今後とも応援のほどよろしくお願い致します。

11月中下旬から始まって6月中下旬まで。6か月ちょっとですか。

長いようであっという間に過ぎていったように感じます。

今は、疲れ切った心身を癒す時間を大切にしながら、本圃の片付け、次の育苗に向けて準備を進めています。

いちごの株を折って、運び出しをしました。

培土に生えた雑草やどろ芽を綺麗に除去した後にしっかり水分調整します。

マルチで被覆して太陽熱消毒をします。

晴れている日は土の温度が50℃近くまで上がり、病害虫をリセットした状態にします。

#女峰 #小豆島のいちご #いちご #苺 #イチゴ #strawberry #農業 #小豆島

ナイアガラ育苗 中盤

だいぶランナーが伸びてきましたね。前回の投稿から8日でこれだけ伸びます。

夏の成長の速さにはビックリです。

細いランナーは抜いて、十分な太さのランナーを選抜して育てていきます。

まだ小さいけど、この部分が次年度の苗に育っていきます。

7月の上旬まで病害虫に注意しながら管理が続きます。

次シーズンの育苗が始まります。

いちごの出荷も残りわずかとなりました。

いちごにとっても人間にとっても過酷な暑い日が続いております。

出荷量も減少してきましたが、最後まで少しでも良い状態でいちごをお届けできるよう栽培管理に努めております。

同時に次シーズンに向けての育苗も本格化してきております。

写真の場所は5月中旬から花の制限を初めて今はほぼイチゴの無い状態となっております。

ここから充実したランナー(苗になる)を発生させていきます。

その様子がナイアガラの滝のように見えることからナイアガラ育苗って呼ばれます。

また成長の様子をこちらで掲載していきますので見守っていただけると嬉しいです。